前川.jpg

前川 篤史 
Atsushi Maekawa

Java製 Non Programming FWの開発/展開を行うITベンチャー企業で活動。
OSSの利用を中心としたソフトウェア開発における基盤の策定/推進を行う。
アプリケーションアーキテクトの策定、CI/CDの構築、UI Automationを使ったテスト自動化、レガシーシステムのモダナイゼーションソリューションの基盤開発などTeamのアジリティを高める活動を中心に行う。
2020年4月 ゼネラ株式会社の設立メンバーのマネージャーとして参加。

Message

アイデア X 技術 X ビジネスを行うXENERAビジネス環境でエンジニアがコミットすること

エンジニアがスペシャリストとしてビジネスに関わり、エンジニアの力でビジネスを実現する。これこそがエンジニアチームの役割です。小手先の技術力ではビジネスに対応できないのが現実。そのため、私たちエンジニアチームは、技術を磨き、技術でビジネスに対してレバレッジをきかせていくような専門性に対して向かうことが重要であると考えています。

エンジニアは、エンジニアであれ。
エンジニアは、技術に責任を持て。

ビジネスに責任を持つメンバーはエンジニアではないと考えています。エンジニアのもつ役割・責任の定義とそれに対する評価制度を作り、どう成果が評価されフィードバックされていくのかを仕組み化しないとエンジニアがエンジニアリングを継続する意味がなくなります。

だからこそ、私たちが技術チームのリーダーとなりチャレンジし続けるメンバーであり続けること。そして企業の持つミッションに対し、エンジニア一人ひとりが技術を磨き、その技術で「世の中や事業に貢献したい」という想いが生まれ、技術にも組織にもコミットをする良い循環を構築することが重要と考えています。

エンジニアは技術に責任を持つことで、成果から逃げない!
エンジニアとして技術で勝負する事に腹ぐくりができている!
エンジニアは強みを磨くことに覚悟があり、言い訳が無い!

これが私たちエンジニアチームといえると思います。
強みを磨き飛び抜ける。この飛び抜ける強みが周囲のメンバーの基準や視座をあげ、他のメンバーも自らの強みを探求する。そのためにチャレンジし続け、大きな成果を残す結果につながると考えています。

オンラインモニタリング