AdobeStock_246944381.jpeg

映像ベース
​バイタル測定

新型コロナウィルスの蔓延している状況で、健康維持、健康管理は生活の中で最もプライオリティの高いものとなりました。毎日のことなので、いかに簡単に測定し、記録ができるか?がポイントになリます。映像をインプットデータとするバイタル測定は、カメラを見るだけで、血圧・心拍・体温が測定でき、記録はもちろん、グラフ化し、自分の身体に異常が現れたら、病院を受診するといった判断材料になります。

health.jpeg

IoTミラーに搭載
 

起床時に瞬時に測定して、ユーザーの健康パラメータを動画を通じてデジタルデータとして取り出すことが可能となります。健康パラメータは、心拍数、血圧、体温、ストレス度を含みます。

​既存デバイスをバイタル測定
機器に

ウェアラブル端末やその他専用ハードウェアは不要です。ユーザーがすでに所有しているスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどを使って、ヘルスケアデータを取得することができます。

member4.jpg

DR. Zhanpeng Jin

ニューヨーク州立大学バッファロー校のコンピュータサイエンス・エンジニアリング学科の大学院研究部長兼准教授。

動画、画像を利用した生体認証領域を専門とするDR. Zhanpeng Jinと共同開発した映像ベースバイタル測定装置です。