IoTミラー

生活シーンに溶け込み、鏡を見るだけで必要な情報を得たり、

健康チェックができます。

毎日のルーティーンの中に溶け込み、

あなたを見守るIoTミラー。

​ミラー?

IoTミラーは、ガラスの裏側にディスプレイが組み込まれた2面ミラーです。
現在時刻、天気予報、ニュースフィード、今後のイベント等、また、血圧や心拍数、体温、気になるあなたのバイタルデータ等、必要な情報を全て鏡の上のディスプレイに自由にカスタマイズして表示させることができます。

無関心だった自身の健康状態のチェックを日常のルーティーンにとり入れていただいたり、家族や友人など大切な人の健康状態を、IoTミラーを通じてチェックしていただくことが可能となりました。

約180cmの大型の店頭設置型に関しては、自然に体を動かしていただけるような様々な非接触ゲームを搭載することで、集客に繋げたり、来店客に楽しんで頂く役割も担っています。

生活シーン

に溶け込む

AIを活用したIoTミラーは、臨床医療と在宅医療の両方を改善します。このテクノロジーは、画像を活用し心拍、血圧、体温をミラーから収集されたデータを、ウェアラブルデバイスやその他のスマート製品とリンクさせて、毎日のバイタル検査を提供可能にします。さらに、このデータは電子健康記録に接続して、適切な医療専門家(医師、トレーナー、理学療法士など)と共有できるようになるでしょう。

IoTミラーのパッシブモニタリング機能は、ベースライン状態を判別し、ヘルスの潜在的な変化を示す偏差を検出できます。追加のハードウェアデバイスを持ち運ぶ必要がなく、通常のルーティーンの一部としてミラーを使用している間に、関連する測定値を収集します。この原則は、個人のヘルスケアを改善するためにIoTミラーの採用を増やすための重要なポイントの一つであると考えています。

弊社のテクノロジーは、新しいテクノロジーを使用する習慣を個人に強制するものではなく、個人の活動に適合し、サポートし、共に暮らすことを目指しています。このようなシナリオの場合、多くのデータはサイレントに保管され、利用者から要求された場合(または異常がある場合)にのみ、要約または長期的な傾向値としてユーザーに提供されます(または主治医と共有されます)。これにより、個人が処理するには情報が多すぎるというリスクを最小限に抑えることができます。

​映像を活用した

AIバイタル測定

典型的な一般的な家庭の鏡の場所はバスルームです。IoTミラーと交換すると、体温や心拍数などの健康指標の収集だけでなく、人が日常生活を送っている間、肌の特徴(色、質感、ほくろ、発疹など)の変化を収集します。これらのパラメータはすべて、健康管理においての意味のあるマーカーを表しています。

 

ウェアラブル、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどのスマートモバイルデバイスは、多くの場合追加費用なしで健康状態の監視にも使用できますが、毎回デバイスを開き、積極的に自らをモニタリングする必要があります。

例えば心拍数測定のためにわざわざデバイスを充電したままにしたり、眼科の分析が必要になったときには、自ら眼球の写真を撮ったりする必要があるのです。つまり、従来の端末ではユーザーは自身の健康状態に起きている問題に自ら気づき、それに基づいて自らアクションを起こす必要があったのです。

 

このような煩雑さを即座に解決するのが、このIoTミラーです。バスルームなど家のどこかに設置されたミラーであれば、ユーザーはより受動的に、自らの健康問題を予測することができる可能性があります。